スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歴史の世紀」をたどる#3-1 G.P.グーチ『十九世紀の歴史と歴史家たち』第3章

#1
#2


十九世紀の歴史と歴史家たち 上 (筑摩叢書)十九世紀の歴史と歴史家たち 上 (筑摩叢書)
(1985/05)
ジョージ・ピーボディ・グーチ、林健太郎 他

商品詳細を見る


 さてだいぶ間が開きましたが(ごめんね)第3-1回、「アイヒホルン、ザヴィニー及びヤコプ・グリム」です。長い(というか情報量が多い!)のでアイヒホルンのところまでで一度切ります。ここまでに、古典文献学と考古学、そして古文書学の革新が学問としての歴史学の成立に与えた影響を見てきました。モノ資料を扱う学問分野の発展と活性化という出来事が、そこから得られた知見を用いて新たな解釈と歴史叙述を生み出す学問の確立を力強くドライブしていたわけです。では、ニーブール、ヴォルフ、ベック、ミュラーといった、19世紀前半の先駆者たちが生み出した巨大な駆動力は、具体的に何を回し始めたのでしょうか。ここで焦点は、一挙にドイツに収束していきます。

 アイデンティティに不安を抱えた時代には、自分の起源を探ろうとする試みが増えるものなのでしょうか。ナポレオンの大陸制覇がこの時代、つまり19世紀初めのドイツで青年期を過ごした人々の多くに鮮烈な記憶を刻み込んだかのように、グーチは語ります。様々な分野での革新者となるべき若者たちは、ドイツの起源を探し求めることにその情熱を注いでいたかのように描かれるのです。では、具体的に何の中に、彼らはドイツの起源を探したのでしょう。

 その前に、古典文献学の革新が何で起こったのかをまず思い出しておきましょう。ポンペイの再発見に伴い、ギリシア文明を対象とする古典文献学の活性化が起こったのでした。ギリシア・ローマ研究の復興です。第2回でも紹介した通り、ギリシア文献学の泰斗、アウグスト・ベック*が古典文献学を約60年にわたって講じたのはベルリン大学においてでありました。このように新世代の古典研究がベルリン大学を拠点として栄えたのと期を同じくして、法律の歴史的研究がゲッティンゲン大学において活性化をはじめます。厳密にはどちらの大学にも古典文献学の講義はあったわけですけれども、あえて言えば、こういう色の違いがある、ということのようです。

*彼の名前の読み方は、最新の研究では「アウグスト・ベーク」が正しいとされています(安酸敏眞『歴史と解釈学』、脚注篇92頁)。とりあえず今回は、前回の記事との共通性を保つためにベックと表記しておきます。

 現行で運用されている法律の性質を歴史的に解釈すること。これ自体は既に様々な大学でおこなわれていました。 ここからの跳躍がいわゆる歴史法学派の誕生を準備します。法律はそれ自身が国民生活の一部であり、表現である。国民生活そのものを通じてのみ、法律は理解される。これが歴史法学派の認識の原点です。歴史法学派の始祖の一人とされるフーゴー(Gustav Hugo 1764-1844)は、ギボンのローマ法に関する著述を通じて、この理解を表明しています。すなわち、まず我々が自分自身を投影することなしにローマ法とローマ人を知り、しかる後に、我々とローマの人々が――根底においては同じ人間であるその二者が――、行動や手続きにおいてかくも異なるのはなぜかを考えるとき、ローマ法はすばらしいものとなる、と。

 カール・フリードリヒ・アイヒホルンがこのフーゴーの後を継ぎます。アイヒホルンの最大の特徴は、ナポレオンによって崩壊させられたドイツを救いたいという国民的感情を研究者としての情熱にリンクさせたことです。国制が大きく変化する今こそ、過去と現在の関係を把握しなければならない。過去そのものを論ずるのではなく、歴史から現在の制度や観念の基礎をたちあげること。それがアイヒホルンの目的でした。彼は法律・政治学・歴史学をゲッティンゲンで学び、神聖ローマ帝国の統治機構の実態を見聞して回りました。その経験をもって実務的法律家になることが彼の当初の目的でした。しかし彼は見聞の旅からの帰国後、フランクフルト・アン・デア・オーダーの教職を引き受けます。その職務の中で編まれたのが『ドイツ国家・法律史』でした。

 アイヒホルンの研究をもっとも的確にあらわすキーワードを挙げるとすれば、「歴史の連続性」でしょう。彼は現行のドイツ法の中にローマ法、あるいは教会法に由来する要素の存在を見いだしました。彼は、異なった時代の法律観念と制度の関連をたどり、その間にある連続性を見いだしていきます。それを通じて、王朝、戦争、領土の変更の記録でしかなかったドイツ公法の歴史を、国民の生活に影響を与えるすべての要素の所産としての法律の歴史に書き換えていったのです。晩年には私法と教会法の研究をここに付け加えていきます。初期中世を理解するためには、法典や法令、法律書式の研究が進められなければならない。アイヒホルンのこの強い意志は、かつてあり、失われ、そして再興されるべきドイツを改めて見いだそうとする人々にとっては勇気を与えるものだったのではないでしょうか。アイヒホルンの博士号50周年祝賀式において、彼は「祖国の自由のために戦い、自由とドイツ国民との同一性を明らかにした人物」として賞賛を受けています。

 しかし、彼の作業は一面では「国民の尊敬と愛に根ざした強力な君主制」の基盤を構築するための作業とも位置付けることができます。失われたものを取り戻すために「歴史の連続性」が用いられるとき、それは「ともすれば現在の創造的エネルギーを阻止しようとする傾向」として機能したことも記憶にとどめなければなりません。歴史法学派の保持した過去への尊敬は、頑迷な保守主義と紙一重の位置にありました。


歴史と解釈学―“ベルリン精神”の系譜学歴史と解釈学―“ベルリン精神”の系譜学
(2012/07)
安酸 敏眞

商品詳細を見る


 



スポンサーサイト

「歴史の世紀」をたどる #2 G.P.グーチ『十九世紀の歴史と歴史家たち』第3章

#1

「歴史の世紀」をたどる #2 G.P.グーチ『十九世紀の歴史と歴史家たち』第3章

 ニーブールは古典への豊かな造詣、文献学の知識、そして官僚・政治家としての経験に基づいた政治への深い洞察、これらの総合の上に、かつてない『ローマ史』を描くことができました。ほかの著述家たちの描くローマ史がリヴィウスの描くローマ史を越えられなかったなかにあって、なぜニーブールがこのような偉業をなしえたのでしょうか。もちろん、彼個人の能力に負うところも大きかったでしょう。しかしニーブールを突き動かしたものがもう一つあります。それは同時代に進んでいた、文献学と考古学の革新でした。ホメロスの詩の起源と成立過程が口承文芸と著述の関係性の中で再解釈され、その成果がさらに考古学を刺激する。この循環がニーブールの想像力に活力を与え、詩として残されたものを糸口としてローマの歴史を再解釈する、という彼の発想を強く駆動したのです。

 ギリシア文明への関心はルネサンス期に活発化して以後しばらく低調にあり、オランダを拠点とした文献学がその灯を絶やさずに守っているような状態でした。しかし18世紀半ばにポンペイが再発見されてその発掘が進みはじめると、ギリシア文明への興味関心、そして古典古代考古学全体が次第に活力を取り戻しはじめます。その拠点の一つとなったのがドイツのゲッティンゲン大学でした。古代世界の文学や芸術品・遺物を用いた文献学の演習がはじまり、次第に古典古代の生活の全領域が研究の対象となっていきます。中でもC.G.ハイネによる古典文献学の講義は古代の遺物・制度・神話・宗教などを幅広く扱い、それらを歴史的に理解することに大きく貢献しました。ハイネの講義からは数多くの弟子たちが育っていきます。

 ところが、ハイネの最大の弟子はハイネに学ぶところがあまりありませんでした。フリードリヒ・アウグスト・ヴォルフ(1759-1824)です。ヴォルフはハイネの講義に満足することができませんでした。ヴォルフはゲッティンゲンを去ってハレ大学に教職を獲得し、古典文献学に没頭します。その成果が『ホメロス序説』でした。ヴォルフはイリアスの手稿と版本の比較研究をおこない、イリアスが複数の吟唱詩人の創作物であり、数世紀にわたる口承伝承を経たのちにようやく著述として書きおろされて成立したものである、との確信を得るに至ったのです。ヴォルフの議論は大きな論争を招き、主張の一部は今日既に覆されていますが、叙事詩の性質をめぐる研究の学問水準を大きく引き上げました。

 ヴォルフの弟子の一人、A.ベックがギリシア文献学の分野でヴォルフに続きます。1806年にハイデルベルク大学の教授職を得たベックはプラトンと悲劇について、またピンダロスの詩の韻律についての研究で大きな業績を上げて1810年にベルリン大学に移り(ニーブールが移ったのと同じ年です!)、そこで56年間にわたって古典文献学の講義を続けました。ベックの最大の功績は、それまでほとんど注目されていなかったギリシアの経済生活を克明に再構築したことでしょう。その著作は『アテネ人の財政』として有名です。1817年に刊行されたこの本はニーブールに捧げられており、ニーブールがローマに対してなしたのと同じことをアテネに対してなしとげた、とグーチは評価しています。「古典文献学を歴史科学に変化させたのはベックの最高の功績である」とまで書いています。

 ベックにはもう一つ、大きな功績があります。それはプロイセンのアカデミーを動員してギリシア碑文の収集を徹底的に推し進めたことでした。古代ギリシアから東ローマ帝国の成立までに対象時期を限り、4年間で終わるであろうとの見通しではじめられたこのプロジェクトには、当初予定の10倍を越える金額が投入され、グーチが本書を執筆していた時点でもまだ続いていました*。ベックたちのつくりあげた『ギリシア碑文集成』と、それに依拠した研究は、いくつかの欠点を持ち、激しい批判を呼びつつも、文献学の成果が他分野の研究に寄与しうること、また原史料からの複写の重要性を世に知らしめる大きな成果を残しました。「ベックはランケが近代ヨーロッパの歴史において占めていると似た地位を古典研究の上において占めている」、とはグーチによる最大級の賛辞でしょう。

*史料編纂所の果てしなき史料収集を連想せずにはいられません



 ベックの弟子からも偉大な歴史家が生まれました。オトフリード・ミュラーです。ブレスラウ大学で哲学と古代史を修めたミュラーは、1815年に18歳でベルリン大学のベックに師事し、古典文献学を学びました。ミュラーはそれらを融合させて神話学・歴史学に挑んでいきます。堅実なベックと、「思索的な問題に魅力を感じ大胆な概括を喜ぶ創造的、独創的な心の持主」であったミュラーは幸福な師弟関係を結び、ミュラーは「壁を飛び越える」とベックにいさめられることもあったほどに旺盛な研究・著述活動に打ち込みます。ミュラーは神話・伝説が内包する地方的な要素を頼りに、ギリシア民族の起源をたどっていく中で歴史的なものと親和的なものをより分けていくことができると信じていました。ギリシアの神話・伝説の中に特定の民族の精神の起源を読み込みすぎたという点でミュラーの研究を批判することはできますが、単なるアテネの歴史でなく、ギリシア史の叙述に先鞭をつけたという意味で、大きな足跡を残しています。

 ミュラーは1840年、調査に向かったデルフィの地で熱病に倒れ、アテネで息を引き取りました。ミュラーの弟子たち、またミュラーの影響を受けた学者たちが、その遺志を継いで法制史・哲学史・天文学などの様々な分野を切り開いていくことになります。

「歴史の世紀」をたどる#1 G.P.グーチ『十九世紀の歴史と歴史家たち』第2章まで


十九世紀の歴史と歴史家たち 上 (筑摩叢書)十九世紀の歴史と歴史家たち 上 (筑摩叢書)
(1985/05)
ジョージ・ピーボディ・グーチ、林健太郎 他

商品詳細を見る


十九世紀の歴史と歴史家たち〈下〉 (1974年) (筑摩叢書)十九世紀の歴史と歴史家たち〈下〉 (1974年) (筑摩叢書)
(1974)
G.P.グーチ

商品詳細を見る


「歴史の世紀」をたどる#1 G.P.グーチ『十九世紀の歴史と歴史家たち』第2章まで

G.P.グーチ『十九世紀の歴史と歴史家たち』(上・下)、林健太郎・林孝子訳、筑摩書房、1971年(初出『近代史学史』(上・下)、吉川弘文館、1955年)

 マーガレット・メールさんの研究を手がかりに、近代日本における学問分野としての歴史学の成立を概観してきました。西洋歴史学の導入は確かに大きな影響を与えていたものの、それを受けとめられるだけの基盤が漢学、国学の学問的伝統によって既に形成されていたことの重要さを、メールさんの研究からは知ることができます。また、土肥恒之『西洋史学の先駆者たち』などを読めば、明治以降の日本の西洋史学が非常に多元的な形で同時代の西洋における歴史学を受容しつつ、キャッチアップを目指していたこと、そして西洋の歴史学それ自体が日本の歴史学と並行する形で自己形成の途上にあったことが推測できます。既に完成し体系化された「西洋歴史学」なるもののインパクトが日本に歴史学の形成をもたらしたのではなく、それぞれにおいて《近代的な学問としての歴史学》がほぼ共時的に求められる中で、一定の相互作用を起こしながら並行して形成されていったと考えるのが自然であるように思われます。であるならば、明治中期以降の日本における歴史学の発展に目を向けるその前に、ここで一度西洋歴史学の側から見た西洋近代史学史を押さえておいて損はないでしょう。

 今回は、G.P.グーチ『十九世紀の歴史と歴史家たち』を通読することを目指します。この本を取りあげる理由は3つあります。まず、この本が1913年に世に問われていること。19世紀の史学史をほぼ同時代的に体験した人物によるビビッドな史学史です。次に、訳者による詳細な訳注とあとがきが付されていること。訳者は林健太郎です。何をか言わんや。そして最後に、20世紀を扱っていないこと。なんのこっちゃと思われるでしょう。私の見立てでは、19世紀に活躍した歴史家たち(ランケやドロイゼンを想像してください)の個別の研究方法のエッセンスが抽出され、それを敷衍していく形で歴史学研究方法論の体系化がいったん目指されるのが19世紀末、その細分化が始まるのが20世紀初頭です。ゼルフィ、ドロイゼン、フリーマンらが『歴史学研究法』と題した書物を著し、ベルンハイム、ラングロア/セーニョボスが方法論を緻密化していく(このあたりについてはベルンハイム『歴史とはなんぞや』収録の矢田俊隆解説が簡潔にまとめており便利です)。グーチの本はまさにその直前までで叙述が終わっているので、この細分化とそれに伴う論争をひとまず回避しながら19世紀の史学史を理解することができるのです。そしてこれはグーチを読み終えたあとにやるべきことですが、グーチの描いた19世紀史学史を、坂口昂『独逸史学史』、上原専祿『独逸近代歴史学研究』と順に摺り合わせることによって、日本の西洋史学が19世紀の西洋歴史学に対して加えた評価の変遷を捉えることもできるでしょう。

 さて長い前置きはこのくらいにしておきましょう。まずは著者であるグーチの人となりについて、林健太郎の訳者解説を参考にしながら簡単に。グーチは1873年に富裕な商人の子としてロンドンに生まれ、ケンブリッジで経済史を修めます。その後はベルリン大学、コレージュ・ド・フランスで研究の機会を得、政治史、外交史で業績を重ねました。WW1のあとにはイギリス外交文書の編纂にも携わっています。晩年は18世紀の啓蒙専制君主の研究に力を注ぎました。『十九世紀の歴史と歴史家たち』は40歳の時の作品ですが、晩年には増補改訂版を編んでおり、グーチ自身思い入れの深いものだったようです。

 第一章 ルネサンスからフランス革命まで
 19世紀より前の歴史に関わる営みを、グーチは大まかにはどのように位置付けるのでしょうか。中世に対する評価はなかなか手厳しいものがあります。曰く、文書は批判的に取り扱われず、行政文書の偽造は横行し、言い伝えは事実と見なされました。また神学の圧力は大きく、歴史はキリスト教を証明する演習のようなものであったと言います。

 ルネサンスがこの状況を変えます。古典古代を伝承ではなく、今につながる現実であったとみなす考え方が歴史研究に力を与えました。また宗教改革の影響も見逃せません。宗教論争の中で、相手を論駁するために文書が駆使されるようになりました。教会史の編纂も始まります。

 歴史研究は18世紀に急速な拡大をはじめます。学者僧たちが積み重ねた研究。フランス碑文アカデミーの古史料を用いた研究と考古学への関心。また、懐疑論と啓蒙思想が盲目的な信仰を破壊して歴史学の世界を準備しました。グーチはヴォルテールを非常に高く評価しており、啓蒙主義による歴史記述は歴史を「事件の記録から文明の概観へと拡大」したと言います。その一方、啓蒙主義の欠点も鋭く指摘しています。政治的・哲学的宣伝に熱心であり、忍耐強い調査や客観的な研究と相容れなかったこと。典拠の価値を批判的に判断する方法論を持たなかったこと。支配者の教養として歴史を用いる一方で、広く歴史の教育をおこなおうとはしなかったこと。宮廷付き歴史家である以上、史料の利用と結果の公表が君主の意図によって制限されていたこと。また、このような国家による抑圧に加え、カトリックの国では教会権力も歴史研究の発展を妨げていました。フランスで歴史と倫理の教授職がはじめてコレージュ・ド・フランスに設けられたのはつい1769年のことであり、古い諸科学と歴史はそれまで同列に扱われていなかったのです。

 第二章 ニーブール
 ニーブールは近代歴史学の最初の指導的人物であり、歴史を独立の科学にまで高めた学者として位置付けることができるでしょう。ニーブールは旅行家であった父から浩瀚な視野と知識を受け継ぎました。1781年に出版されたオデュッセイア*に親しみ、ホメロスを高く評価していたニーブールは、ローマ史家としてそのキャリアをはじめます。大学ではローマの財産制度を皮切りに古代世界の諸問題を研究し、卒業後はデンマーク、プロイセンの財務官僚を歴任しました。

 ニーブールはプロイセン時代にフランス革命とプロイセンのフランス服属を経験します。法律的手段による秩序ある発展を望み、革命を嫌悪していたニーブールは、かねての希望であったローマ史研究を進める場所をベルリン大学に定めます。それはベルリン大学が、打ち壊されたプロイセン国家を再建しようと願う人々の集う場所となっていたからでした。このフランス革命に対する嫌悪はニーブールに深く刻印され、彼の歴史研究に大きな影響を与えます。これと官僚としての経験に基づく政治への深い洞察の両立が、彼の特徴をなしているように思われます。

 ニーブール以前にも、マキャヴェリをはじめ無数の著作家たちが主にリヴィウスに依拠してローマ史を語りましたが、リヴィウスの書き直し、要約にとどまっていました。ローマ史を研究するにあたって、政治的・法律的・経済的制度にさかのぼり、それらの継続的変化をたどらなければならないと考えたのはニーブールが初めてでした。ニーブールはローマを現代世界の国家のように、現実的で理解しうるものとして扱ったわけです。また、ニーブールはローマ史の史料に対して独自に批判的吟味を加えました。ホメロス研究に大きく寄与した古典文献学者のヴォルフ(第3章に登場します)の方法論を参考に、ローマの歴史は詩の形で伝承されていると考えたのです。ニーブールは歌謡や葬儀の挽歌、編年記が初期ローマの歴史を伝えていると考え、王制時代の事件を神話的なものと歴史的なものに峻別していきました。ニーブールの仕事は多くの反論を招きましたが、証拠不足の傾向があるにもかかわらず、彼の類推が非常に的確にローマの諸制度を再構築している、との評価が後代のローマ史家によってなされています。また、ニーブールはナポレオン帝国の崩壊後の数年間をローマで過ごしており、その間にキケロ『共和国』の断片を発見するなど、史料の探索と編纂、考古学的事業にも大きな援助をおこないました。『ローマ史』の第二版序文のなかで、ニーブールは国制の歴史は史料の綿密な吟味によってのみ復原できると主張しています。ニーブールのこういった姿勢は後代の歴史家たちに大きな影響を与え、サヴィニー、ランケ、モムゼンらから師と仰がれるに至ったのでした。

*もちろんオデュッセイア自体は1781年以前からあったのですが、印刷技術の発展によりオデュッセイアは改めて浩瀚に流布することになりました。


独逸史学史 (1932年)独逸史学史 (1932年)
(1932)
坂口 昂

商品詳細を見る


ドイツ近代歴史学研究 新版 (上原専祿著作集)ドイツ近代歴史学研究 新版 (上原専祿著作集)
(1989/11)
上原 専禄

商品詳細を見る


独逸近代歴史学研究 (1944年)独逸近代歴史学研究 (1944年)
(1944)
上原 専禄

商品詳細を見る
プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。