スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄拳は誰がために振るわれる

http://d.hatena.ne.jp/anteros/touch/20071218

 うん、ぼくもビッグオーは大好きだ。付け加えるとすれば、ビッグオー世界の「メモリー」は記憶としてだけでなく、記憶に由来する一種の職能として機能している。その結果、カタストロフ後のパラダイム・シティでは自分が持つメモリー(に由来する特殊能力)を制御できずに暴れるものが現れる。ベックみたいに。第1期におけるシティの秩序の攪乱者はメモリーを暴走させるか、あらたなメモリーを手に入れようとする者たちだった。そしてネゴシエイターであるところのロジャー・スミスは彼らを鎮圧する秩序の維持者として振る舞っていた。たぶん「トマト」とは、カタストロフの予感されたかつてのパラダイム・シティにおいて、その職能を持たされたもののことだったんだろう。小中千昭の好きな構図に乗っかって説明するならば、ロジャー(≒トマト)は旧支配者のエージェントでありその生き残りだったことになる。(小中は自分の関わる作品のストーリー展開にクトゥルー神話的なものを絡ませることが多い)

 でもゴードンの意図もあってか、また都市の《外部》が侵略者的な立ち位置を伴って現れたこともあってか、第2期のロジャーはそこから逸脱する。ビッグオーの操者としての職能的メモリーは維持しつつ、自分についての《かつてゴードンから「この世界を演出する存在と交渉してもらいたい」という依頼を受けたものである》というメモリーの存在と不在を認識しつつその回復は拒否し、今のパラダイム・シティで生きる選択をする。もちろんこの跳躍の大きな要因になったのがドロシーだ。既に持っている職能的メモリーゆえにパートナーとなり得た存在が現れたからこそ、自分自身の実存的な意味におけるメモリーの回復を拒否してもロジャーの生きる意味が揺らがなくなった。

 メモリーをめぐる物語の展開に載せて、重量感溢れる巨大ロボがどつきあう絵面を組みあげること。ビッグオーはエンタテインメントとしてこの二つの両立には成功しているとぼくは考えていていて、この二つがどちらも極めて高いレベルで融合しきらなければいけないとか、メモリーをめぐる謎解きが視聴者に読解の余地を残さないほどのカタルシスにたどりつかなければならないという立場に僕は与しない。細かいところはわからないけれど、たぶんanterosさんと近しいビッグオーの楽しみ方を、ぼくはしていると思う。

 そしてそれゆえに不足するイェーガー分はメガデウスのどつきあい分によって補填されうる。


THEビッグオー Blu-ray BOXTHEビッグオー Blu-ray BOX
(2011/12/22)
宮本充、矢島晶子 他

商品詳細を見る


パシフィック・リム (角川文庫)パシフィック・リム (角川文庫)
(2013/07/25)
アレックス・アーバイン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。