スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学問分野としての歴史 マーガレット・メール『19世紀日本における歴史(学)と国家』#4


History and the State in Nineteenth-Century JapanHistory and the State in Nineteenth-Century Japan
(1998/03)
Margaret Mehl

商品詳細を見る


#1 日本における学問的伝統
#2 帝国大学における歴史学
#3 西洋式研究法の習得:ルートヴィヒ・リース

#4 歴史学におけるアカデミズム学派(前半)

 第4回です。
 これまで、日本に学問分野としての歴史学が確立するための基礎を構築したいくつかのトピックについて言及してきました。一つめは日本における近世以来の学問的伝統を踏まえた歴史編纂機関の活動と、彼らの成し遂げた資料収集・資料編纂の営み。二つめは帝国大学に歴史学を専門的に学ぶための学科が設置され、さらに日本史が独立した専攻として認められたこと。そして三つめが、史学会(とその機関誌)の創設により、研究者間の幅広い交流が可能になったことでした。さらにこの三つを踏まえた上で、ドイツ人歴史家のルートヴィヒ・リースが果たした役割を概観しました。では、それらの上に成立した日本における学問としての歴史学とはどのようなものだったのでしょうか。

 著者はまず、「アカデミズム」の説明から入ります。「アカデミズム」が明治期以降、戦前の日本においてもっとも大きな影響力を発揮した学派であると著者は考えているからです。

 「アカデミズム」「官学アカデミズム」とは、一般に帝国大学で最初に実践された学問を意味します。帝国大学は国家の要請にこたえるための官僚と研究者を養成する機関として設置されました。帝国大学はヨーロッパや北アメリカの新設大学と同じくプロイセンの大学を模範にしていましたが、日本に元来あった官立学校の伝統によって、一層強く国家の干渉を受けることになりました。その干渉は自然科学や技術学科など、特に実践的であるとみなされた学問において顕著でした。

 アカデミズムは歴史学が独立した学問分野となった時にはその主流を占めていました。近年の研究はアカデミズムと、その同時代における他の重要な学派(啓蒙主義学派など)の相違点や、アカデミズムの客観性、科学的性格を強調しがちです。しかし、それらの間には重要な類似点がありましたし、アカデミズムを客観的なものとして特徴付けるのは問題があるでしょう。歴史叙述は理性的で進歩的であるべきだとか、社会は分析の主要単位であるといった考え方をアカデミズムと啓蒙史観は共有していましたし、どちらも〔歴史の?〕漸進的な変化を強調していました。啓蒙史観は主張の基礎を普遍的法則〔universal laws〕の探求に置き、アカデミズムは歴史的事実の確定という厳密な方法論的規範に置いていましたが、科学的たれ、という主張は両者に共通した特徴でした。アカデミズム学派の歴史家たちが公的な学習機関に所属していたせいで、アカデミズムは客観的だ、という印象が広まったようです。

 史学科と国史科の設置は歴史学が学問分野として成立するために必要な条件の一つでした。この二つの学科は近代の歴史研究が発展させてきた三つの知的伝統を受け継いでいました。国学・漢学・西洋歴史学です。国学と漢学は古典講習科、編纂掛、国史科の学者たちがにないました。特に編纂所の所員たちは、国学と漢学両方の伝統であった、本文批判の方法論としての考証学〔the methods of textual criticism〕を洗練させていました。西洋歴史学とドイツ的方法論はリースと坪井久馬三によって伝授されました。国学・漢学・西洋歴史学は当初並立しており、その代表者たちはしばしば対立していましたが、共通点も多く、アカデミズムの発展には同じように寄与したのです。

 アカデミズムは一次資料*の収集と事実の確定を強調しました。アカデミズムは方法論の重要性を説き、「客観的」であること、つまり政治的、道徳的偏りから自由であるべきだと説きました。『史学雑誌』に掲載された初期の記事にはこれらの特徴がよくあらわれています。その多くは編纂掛の学者たちの手になるものでした。リースが第5号で、彼の同僚であった日本人たちに向けて、資料の公刊という重要な業務に集中すべきだと助言するまで、史学雑誌では思弁的な問題が扱われていたということが今もよく言われます。第4号までの記事がそれなりに漠然とした主題を扱っていたのは確かです。しかし、彼らが哲学的な問題について高尚な議論を交わしていたとまで思う人はいないでしょう。

*原文中では documents,materials,resources などが混在しており、しかも historical が付いたり付かなかったりしますので、訳語を厳密に対照させることが非常に困難です。とりあえず、「資料」「歴史資料(史料)」「文献」「素材」など、文脈で判断しながら訳し分けてはいますが如何ともしがたいところがあります。



 史学雑誌の最初の記事は、重野安繹による史学会会長就任講演「史学ニ従事スル者ハ其心至公至平ナラサル可カラス」でした。重野は言います。偏った歴史家は不公平で学問の発展を妨げる。歴史叙述は統治者と被治者の明確な関係(=名分)のような道徳的規範を教えるべきである、という考え方を、重野は徹底的に批判しました。歴史家は事実を叙述することに集中すべきであり、道徳的な意味合いはその中で自ずと明らかになるものだ、というのが重野の考えでした。歴史家の仕事は疑問をただして事実を確定し、それをそのまま記録することだったのです。そしてその仕事がいかに困難であったかということを、重野は自分の経験に基づいて語りました。

 これを思弁的で高尚な議論だ、というのは無理でしょう。リースの助言以前に編纂所の所員たちが書いた記事も、重野の講演も、彼らの実際の業務と密接に関連したものだったのです。他の例を挙げると、星野恒は「史学公共歴史編纂ハ材料ヲ精択スベキ説」のなかで、信頼性の高い文書(もんじょ)〔primary documents〕を優先して用いるべきだと説きました。他の記事でも、星野は考証学の本文批判の方法論を組み合わせつつ、一次資料〔primary documents〕を収集することの重要性を説いています。歴史(学)と輿論の関係を扱った講義の中で、星野は改めて歴史学の自立を正当化し、また、歴史叙述は利用可能になった資料〔the sources〕を適切に用いるべきだと強調しました。そして、編纂掛は資料〔resources〕の不足に苦しみながらも、その試みを続けてきたのだと。

 史学雑誌上で思弁的な議論をした人の多くは編纂掛の所員ではなく、歴史研究者ですらありませんでした。言語学者の上田万年は、歴史叙述が事例を提供し、哲学がそれを整序して意味づけるのだと述べました。上田も事実の確定は道徳や政治から自由であるべきだと考えていました。これらを見ても、編纂掛とその所員たちは手に負える程度の課題に専念すべきだ、というリースの提言は、編纂掛の方針と非常によく調和したようです*。

*このあたりの筆致を見る限り、資料収集と事実の確定を重視するという点において、編纂掛の方針とリースの考え方は元来近かったとメールさんは考えていたようです。リースの影響によって資料重視方針への変化が起こったわけではありませんよ、という主張を強調していると思います。前節の記述とも一貫しています。



 このように、当時の歴史家たちは資料収集〔collecting sources〕と本文批判の方法論に没頭していました。1895年頃に編纂機関の再編がおこなわれますが、そのときも文書の収集〔collecting documents〕が彼らにとっては変わらず最も重要な目的だったのです。

(この節は長いので前後に分けることにします)







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訳し分けに関して

一連のブログエントリー、ようやく読むことが出来ました。勉強になりました。原著の原文をみてからコメントするべきなのでしょうが、若干気になったことがあったのでひとまず書き込む次第です。まず、記事の一部を引用します。
----
*原文中では documents,materials,resources などが混在しており、しかも historical が付いたり付かなかったりしますので、訳語を厳密に対照させることが非常に困難です。とりあえず、「資料」「歴史資料(史料)」「文献」「素材」など、文脈で判断しながら訳し分けてはいますが如何ともしがたいところがあります。
----
この点にかんして、少し前にあるところで、1000字程度の短い雑文をかいたのですが、以下と深く関係するので一部を引用します。
---
 日本語の類義語辞典 [=シソーラス] は近年になって優れたものが何種類も入手できるようになってきた。日本語の文章を書くのに類義語辞典は有用だが、しかし、その必要性は英語の文章を書くうえでのシソーラスの必要性と比べれば低い。日本語文章では、同じ語の繰り返しを可能な限り避けて、他の語あるいは語句で言い換えなければならないという規範が弱いからである。日本語文章では、類義語を駆使して同一概念を言い換えるとむしろ文意がわかりにくくなることさえある。それに対して、英語では同じ単語を繰り返し用いた文章を書けばその人の教養が疑われるほど、この文章規範が強い。英語の文章規範に沿った文章を書くには、とりわけ英語を母語としない者にとって、シソーラスは不可欠である。ちなみに、英英辞典は類義語の使い分けを知るときに一層有用なのである。
 以上の話は、英語を書かない人にも無縁ではない。英文の日本語訳では複数の類義語が逐一訳し分けられていることがある。一見丁寧な訳業に見えるが、類義語の訳し分けがかえって日本語では理解に混乱をきたすのである。したがって、翻訳文を読む際には、そのような可能性を考慮に入れると理解しやすくなる場合があることを頭の片隅においておくのは有用だろう。同様のことは英語以外の多くの欧語にも言えるのでなおさらである。
---
もちろん、絶対的に訳し分けが必要なケースも多いのですが、そうでない場合も相当にあるのです。以上の視点から、下記の部分が気になりました。
----
 これを思弁的で高尚な議論だ、というのは無理でしょう。リースの助言以前に編纂所の所員たちが書いた記事も、重野の講演も、彼らの実際の業務と密接に関連したものだったのです。他の例を挙げると、星野恒は「史学公共歴史編纂ハ材料ヲ精択スベキ説」のなかで、信頼性の高い文書(もんじょ)〔primary documents〕を優先して用いるべきだと説きました。他の記事でも、星野は考証学の本文批判の方法論を組み合わせつつ、一次資料〔primary documents〕を収集することの重要性を説いています。歴史(学)と輿論の関係を扱った講義の中で、星野は改めて歴史学の自立を正当化し、また、歴史叙述は利用可能になった資料〔the sources〕を適切に用いるべきだと強調しました。そして、編纂掛は資料〔resources〕の不足に苦しみながらも、その試みを続けてきたのだと。
-----
primary documents というフレーズに関してですが、ふつう英語で「一次資料」(これを僕はよく「史料」とイコールで結びますが、日本史の用法とは違うようですね)というときは primary sources といいます。primary documents というフレーズを目にすると、歴史学に通じた英語読者は primary sources という語を当然のように思い起こし、しかし、それとは違う documents という語が採用されているな、と意識します。すなわち、当然深く関係するがまったく同じではないかもしれない、というニュアンスをこめて primary documents という用語が採用されているのだと考えさせられます。とはいっても、次の部分で the sources という語が使われていますね。もちろん原文では、この2文は離れていてぜんぜん違うものを意味しているのかもしれませんが、もし続いていると考えれば、この場合 sources に the がついているということは、先にでた primary documents という用語を繰り返さずに別の語を使って言い換えているととるのが自然です。その場合、訳し分けはかえって混乱を招くかもしれません。ちなみに、最後の resourses というのには冠詞もなにもついていないですね。sources と resources が確かに見かけ上、あるいは語源上は近い語ですが、この二つの語はまったく違う意味を担っています。resources はあえて直訳すれば「諸資源」、つまり、ここでは「編纂掛が手にすることのできる時間・ツール・お金など」のことを意味していると思われます。

繰り返しますが、以上は原文を見ないままでのコメントです。しかし、かなり原文に忠実に紹介してくださっているように思えましたし、以上のように読むと(私にとっては)意味が通りますので、この時点でひとまずコメントさしあげた次第です。

訳し分けとprimarydocuments について

@tricycler様

 コメントありがとうございます。
 類義語の訳し分けについてはまったくご指摘の通りだと思います。日本語でも史学における歴史資料の分類概念に錯綜したところがありますので、そちらに考えが引きずられてしまって、訳し分けなければいけないという意識が強くなっていました。最後のresourcesのところも同様ですね。

 primary documents についてはなかなか難しいところです。ニュアンスとしては《研究をおこなうにあたって重要な役割を果たす材料》ということで「一次史料」に限りなく重なった概念と捉えて差し支えなかろうとは思っているのですが、歴史資料の内部分類においてはとりたてて「文書(もんじょ)」であることを明確にしておかなければならない場合がありますので、それに対応できるような用語の使い分けを準備しなければなりません。
 今回取りあげている明治期の場合、大雑把には次の4つのフェイズをまず想定しなければならないと思います。
①日本各地に存在する、オリジナリティの高く歴史的な価値を有する資料=「材料」「素材」
②:①が収集され、年代記編纂に利用するのに適した記述形式(=「綱文」)に編纂された「史料」(この「史料」は現代に用いられる用語としての「史料」とは異なる歴史的な用語としての「史料」です)
③:②を利用して編まれた史料集
④:②や③に依拠した歴史書や研究論文などの研究成果
「文書(もんじょ)」は、これらの中でも①であり、なおかつ当事者による記述資料であるものを、もっとも狭義の場合には指すと思うのです。この「文書」に考証学の本文批判を適用することで、②を作成しうるわけです。"(the) sources" という表記は原理的には①②③すべてを包含しうるので、少なくとも"(primary) document(s)"と"source(s)"は文脈を厳密に捉えながら、訳語を統一したり変えたりするという繁雑な作業が必要と思われます。

 以上は現時点での僕の理解によるものなので、かなり乱暴な分類になっていることは自覚しています。そこを修正するために、同時代の文献学・古文書学・史料学の語法を調べていくつもりです。

 なお、明治期の史料編纂機関における「史料」という用語が指し示すものの含意については、松澤裕作さんにご教示いただきました。

「一次資料」という言葉について(再投稿)

読み直してみたら、意味不明な文があったり、番号まちがえたりしているので、少し訂正しようと思いました。そうしたら再編集ができないようなので、訂正に加え若干の加筆をして再投稿とします。すみませぬ。先のコメントを残すかどうかはそちらのご判断におまかせします。
-----

ありがとうございました。

 「一次資料」primary sources という言葉が日本語で意味するものにかなりの幅があるんですね。おそらく「一次資料」という言葉自体が欧語(もともとはやはりドイツ語?)からの移入概念で、日本史のそれではない。したがって、日本史の研究者は「一次資料」という言葉にかんして、それぞれの文脈で(先に今回導入された分類に従えば)①だけなのか、②も含むのか、③まで含むか、といった選択をせざるをえない。したがって、各自でその言葉で何が意味されているのかばらばらである、ということが起こるのかもしれません。

 英語の primary sources という用語は、先日だいたい@kunisakamoto さんがtweetされていたとおりで ①から③までを含みます。たとえば、歴史学の研究書(モノグラフ)の最後に付される文献表 bibliography では 最初に上記の primary sources が置かれ、次に ④にあたる二次文献 secondary sources/works が来ます。ただし primary sources にかんしては
①にあたる手写本や archive 史料 すなわち manuscript /archival primary sources と
②③にあたる printed primary sources
は分けて記されます。そういうわけで bibliography のレベルでは ②と③の区別はおこなわれないわけですが、研究のなかでは必要に応じて②と③の区別はもちろんなされます。

 僕個人は、西洋史でなされている一次資料・二次資料の区別は、歴史(学)の教育上とても有益だと思っています。まず、歴史上の関心の対象に応じて、資料をまず primary か secondary かを分ける。そして、primary を重視して、そこから得られた知見を、secondary との関連で位置づける(ここで知識を問います)。primary にかんしては必要があればさらに①のレベルまで掘り下げるという方向です。
 この方針は、大学における歴史学の教育以前、中等教育のレベルから一貫しています。たとえば、イギリスの高校の「歴史」history の試験 (A level)では、資料(具体的には ③の抜粋、あるいは②の翻訳の抜粋)が提示され、ある歴史上の事象を知りたいとすれば、その事象を知る目的にとってその資料は primary sources なのか secondary sources なのかを、理由をそえて論じることが要求されています。

 こうした教育をすることの欠点もあります。ひとつは、そういうやり方をしようすると、いくつかのトピックを深く議論するというかたちになり、日本でやられているような「世界史」といったことはとうていカバーできそうにないということです。例えば、いつも Hitler's Germany のことばかりやっているという批判があります。すなわち、上記のやり方では歴史学研究についての方法的理解は深まりますが、トピックの選定にかんしてナショナリスティックな要素が働いており、したがって、その限定されたトピックとそれに関する資料からもたらされる歴史理解に一定の幅ができる、といえます。あからさまにこの内容を知らなければならない、といったかたちではないコントロールが行われていると論じることさえできるでしょう。
 とはいえ、歴史学の方法を高校で歴史を勉強すれば、必ずしも大学で歴史学を専攻しなくても、歴史学研究の思考のエッセンスを高校レベルでも身につけることができるという点で有益だろうと感じることが多々あります。

 ともかくも日本史と西洋史のあいだの対話をより生産的なものにするためにも、歴史資料にかんする概念のすりあわせの作業は有意義だと思います。そういう意味でも、メールの本は興味深い題材を提供してくれていますね。やはり原著をみたほうがよさそうです。

教育との関わり、扱う対象の変容

やはり西洋の資料分類概念の組み立て方は、教育課程への組み込み方も含めて非常に精緻ですね。これはおそらく、学問分野としての歴史学が勃興する課程で、研究・教育拠点としての大学が果たした役割と大きく関わる話なのだろうと思います。これまで見てきたように、日本の歴史学にとって大学は歴史学の発展の場にはなりましたが、ディシプリンの基盤はむしろそれ以前のものを色濃く受け継いでいました。この点において、教育と密接な関係を持ちながらディシプリンが確立していった他地域とは異なる特徴を持つ契機があったのでしょう。

 明治期の史料編纂機関の中で、英語における primary/secondary 、manuscript/printed といった資料の形式分類に相当するがどこまで厳密になされていたのか、ということについては実のところ僕にはまだよくわかりません。おそらく古文書学の方法論に近いものが採用されていたのだろうと思います。
 古文書学の場合はいわゆる過去の文学資料としての文献や、行政文書の中でも旧家や行政機関が先例として残した業務記録としての「日記」や「古記録」を取り扱うことを念頭に置いていたはずです。明治期になって、ここに史料編纂機関が全国各地から収集したmanuscriptの地方行政文書(これは多くの場合地方有力者の個人文書と不可分です)が取り扱うべき対象として加わったときに、どのような方法論の変容が発生し、それが歴史学の方法論としてどう洗練されていったのか、ということが大事な論点になってくるように思われます。
プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。