スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学問分野としての歴史 マーガレット・メール『19世紀日本における歴史(学)と国家』#4(後半)


History and the State in Nineteenth-Century JapanHistory and the State in Nineteenth-Century Japan
(1998/03)
Margaret Mehl

商品詳細を見る


#1 日本における学問的伝統
#2 帝国大学における歴史学
#3 西洋式研究法の習得:ルートヴィヒ・リース
#4 歴史学におけるアカデミズム学派(前半)

#4 歴史学におけるアカデミズム学派(後半・終)

 第4回の後半です。のんびりと続けてきたまとめも今回が最終回です。

 前回は学問分野としての歴史学の中で主流を占めたアカデミズム学派の説明から入り、彼らの特徴として、
①自らの客観性を主張したこと
②資料の収集と本文批判(text critic=「考証」)の方法を用いた事実の確定を重視したこと
を指摘しました。西洋からの影響の実態を詳細に捉えつつも、アカデミズム学派の骨子は以前から歴史編纂機関に勤めていた漢学系の学者たちに負うところが大きいという著者の主張が繰りかえされています。後半では、アカデミズム学派とその外部の関係性について語られます。

 編纂機関の職員たちは、政府の機関から帝国大学内の一部局となってからも、資料の収集に力を注いでいました。その一方、文献資料にとどまらない形で過去の証拠を集める新しい試みが始まります。史学会が始めた「旧事諮問会」、つまり過去の出来事についての聞き取り会です。主な目的は、文献資料ではわからない事柄について、江戸時代の生き残りに聞き取りをすることでした。若い世代は江戸時代を体験しておらず、その上の世代にとっても江戸時代はもはや追憶の対照となりつつありました。江戸への関心の高まりは同時代的な流行でもありました。

 聞き取りの対象は多くが旧幕府の役人でした。一度だけ、大奥女中に聞き取りをしたこともあります。この企画は、現代におけるオーラルヒストリーのような、文字記録を残さない人々についての情報を集めることを目的としたものではありません。現存する記述資料を精査したうえで、その不足部分を補完するためのものでした。この試みもまた、事実を確定することを目的としていたのです。しかし同時に、この企画は好古趣味的色彩を強く持っていました。単体では大して重要とは思われないような事実が多く記録され、公刊された記録は何度も再版されて学者だけでなく、歴史の愛好家にも読まれました。そして歴史小説家や脚本家には格好の素材を提供したのです。

 資料の収集は海外にも及びました。日本関係海外資料の収集は、今もなお編纂機関の重要な活動の一つです。海外資料の収集はリースの提言によって始まりました。バチカン文書館、ライデン帝国文書館、デンハーグ文書館などで調査と資料の収集がおこなわれましたが、戦前においては大規模かつ組織だった収集には至りませんでした。文書の複製作業があまりにも大変だったのかもしれません。

 より多くの資料を集めようとする計画は、考証学の伝統を色濃く引き継いだものでした。新しい文書が利用可能になり、それが批判的な分析を受けたとき、その結果として生じたのはかつての歴史書の再評価――つまりその評価の下落――でした。史学雑誌には毎号「考証(本文批判)」と「解題(書誌解説)」の欄が設けられ、歴史書が紹介されました。当時も広く読まれていた軍記物の『太平記』などは、こういった資料の批判的検討によってその信憑性に大きな疑問が投げかけられることになりました。有名かつ人気のあった歴史上の英雄たちについて、その記述の虚偽・創作の部分が明らかにされていったわけです。大衆は学問としての歴史学とはこういうものであると思ったため、学問としての歴史学は世間の評判を大きく損なってしまいました。

 この経緯はアカデミズムの方法論が抱える問題点をあきらかにしました。考証学の方法論を使うと、既存の説の誤りを証明する方が、実存を証明するよりも遙かに簡単なのです。『太平記』は〔資料として〕歴史家の役に立たないのだ、という久米邦武の非難は、一次史料に書かれていないことは何も受け入れない、という過度に批判的な態度の表れでした。今日の歴史家は、久米よりは『太平記』の史料的価値を認めています。『太平記』に描かれているような混乱の時代には、そもそも多くの一次史料が失われてしまったと思われるからです。

 このような事実へのこだわりは、客観的であろうとするアカデミズムの主張の表れでした。しかし、客観的であろうとすることにこだわるあまり、彼らは重要な事柄をわかりにくくしてしまいました。つまり、資料と事実を選別し配列する際には、資料編者と執筆者の価値観が反映されるということです。アカデミズムは自認するほどに客観的でもなければ、近代の学者たちが言うほどイデオロギーと無関係でもありませんでした。重野安繹たちが、自分たちの振るまいが論争を巻き起こす可能性に思い至らなかったのだとしたら、それは、学問は国家と国民に奉仕すべきものであるという認識が当時広く一般に存在していたことに加え、重野たちが歴史研究と歴史叙述を十分に区別していなかったからでしょう。ランケ流の伝統を受け継いだドイツ歴史主義も、歴史叙述的表現の問題について考える際に、重野たちと同じ失敗をしました。彼らは、知識は史料そのものが語る内容から得られるという幻想にとらわれたのです。アカデミズムも歴史主義も、歴史がどのように表現されるかこそが、政治文化のなかで歴史がどのような機能を担うか、ということを決めるうえで決定的に重要であるということを見逃したのです。その結果、一見客観的だった歴史編纂事業は、結局のところ政治に役立つように濫用されてしまい、政治的価値観について検証することも議論することもなく、そのプロパガンダをおこなってしまったのです。政治的プロパガンダのために歴史が濫用されることにアカデミズムが抵抗できなかったのは、彼らが客観的であろうとしたり、思想そのものを持たなかったからではなく、研究と叙述を区別しなかったこと、また表現方法について深く考えなかったことが原因なのでしょう。

 こういったアカデミズムの問題は同時代にも認識されており、『早稲田文学』や民友社の山路愛山などからは、本文批判と実証にこだわりすぎている、といった類の批判を受けました。アカデミズム学派の中にも、個別の事実への執着が問題であることを理解している人もいました。久米邦武は筆禍事件ののち、事実の確定の重要性を改めて正当化しつつも、歴史学はそこで立ち止まってはいけないと述べました。時代遅れの道徳的な価値観から歴史解釈が自立し、前の世代の失敗を繰りかえさないようにすることで歴史学が人類社会の進歩に寄与することが、久米の理想でした。久米は日本史の研究だけが学問の自由を享受していないと言い立てて、本文批判の方法論が支配的になった理由を歴史研究への政治的圧力に帰しました。歴史家は議論の余地がない結果を得るために本文批判に没頭したというのです。しかし、そうすることによって後に彼らは困難に直面することになります(1910-11年の南北朝正閏論争)。

 また、重野や久米の同僚だった田中義成も、歴史書の政治的重要性を説きました。歴史的事実の発見は重要でしたが、その知識は活用されなければ無意味であり、無知な政治家は地図を持たない旅行者のようなものだったのです。田中は同僚に対しても、時事問題についての意見を表明することを勧めていました。

 学問の自由とその欠如は、この時代における論点の一つではありました。しかし、久米邦武筆禍事件の発生によって、歴史家は政治的抑圧から避難して実証研究に向かったのだ、という現代の歴史家の主張を聞くと、彼らはこの問題を過大評価しているように思われます。明治時代における政治的抑圧の度合いが1930年のそれに匹敵すると思うのは間違っています。皇室に関する話題はほとんど禁忌でしたけれども、歴史学に対する抑圧は政府によるものではありませんでした。のちに詳述する久米邦武筆禍事件もそうです。歴史学は政治的抑圧を感じる前から、既に事実の集積へと引きこもり始めていたのです。帝国大学の歴史家たちはなにがしかの政治的抑圧を実際に経験しましたが、アカデミズム学派の特徴をそういった外部的抑圧だけで説明することはできないのです。

 さて、まだ疑問が残っています。客観的で科学的基準に基づいた歴史研究が発展し、国家の後援を受けた機関で実証研究がなされた時代に、批判的研究でなく神話に基づいた歴史観が国家のプロパガンダによって広められるという光景がみられたのはなぜなのでしょうか。歴史家は、アカデミズム学派には政治のために歴史がゆがめられたことに対抗できるだけの思想と抽象的発想が欠けていたからだ、という説明をよくします。しかし、著者の説明は違います。アカデミズム学派における思想と「客観性」の欠如が原因なのではなく、むしろ歴史家と政治家が国家における歴史学の役割について認識を共有してこなかったこと、また研究と叙述の関係や歴史学と政治文化の関係についても深く考えてこなかったことが問題なのです。この問題は、いかなる偏見からも自由で決定的で完璧な歴史が究極的には実現可能なのだ、という〔編纂機関の学者たちの〕確信と密接に関連していました。重要性は失われていましたが〔歴史書編纂の試みがたびたび中断したように〕、「正史」という概念が明確に否定されたことはなかったのです。

 結局のところ、アカデミズム学派もその他のどの歴史学派も、政治的正当性を提供したり、ナショナルアイデンティティを強化したりする類の外部からの要求を充たすことはできませんでした。歴史学とこれらの外部的要求の間にあった緊張関係こそが衝突を引き起こし、結果的に「客観的」歴史学と神話的歴史学の間に溝を生じさせたのでした。


重野安繹と久米邦武―「正史」を夢みた歴史家 (日本史リブレット人)重野安繹と久米邦武―「正史」を夢みた歴史家 (日本史リブレット人)
(2012/03)
松沢 裕作

商品詳細を見る



20世紀日本の歴史学20世紀日本の歴史学
(2003/03)
永原 慶二

商品詳細を見る












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。