スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑で行こう

 なんか「どうやっておれがこのブログを書いてるのか秘伝開陳しちゃうぜ!」みたいなん流行ってますね。髭自慢にはそんなものありません。毎回毎回「うああうまくまとまんねーーーー」って七転八倒しながら書いています。髭に白いものも混じるわけです。

 でも書かなければ頭の中はまとまりませんし人にも読んでもらえません。手を止めてはいけません。そしてこれは別にブログに限った話ではありません。そこで今年の目標を決めました。

 雑で行こう。

 いろんな人が言ってることですけど、完璧を目指すとつらい。恥ずかしいという気持ちは最強の行動ストッパーです。恥ずかしくないものができたら出すかなんて考えていたら何もできません。…ごもっとも。じゃあどうすんの?

 恥ずかしいものを見せても恥ずかしくない人に向けて出せばいいんじゃないですかね。あと何度も何度もやる。これだけ。

 一発で決めようとするから手が出ないんですよ。雑なものを投げて、雑に反応をもらって、もっかい自分の中で練る。初動のハードルを下げて、まずレスポンスをもらって、その反動で投げ返す。すぐれた人はこれを自分の中で仮想的に役割分担しながら繰り返せるはずです。でも僕にはできない。端的に言うと意思の力が弱いせいで緊張感が独りでは持たない。だからあなたたちの力を借りたい。

 お互いに、作業の手の内を見せ合う関係を作る。見せ合うものは完成品じゃなくていいよねとなんとなく合意形成する。この二つだけで初動のハードルは劇的に下がります。

 例えば読んだ物のまとめブログを書くとしましょう。まず、読んだ内容を網羅したまとめを書こうという発想をゴミ箱にブチ込む。これは書評ではない。次に、批判ポイントは別に見つけなくてもいいことにする。これは書評ではない。最後に、新しい知見を付け加えなくてもいいことにする。これは書評ではない。

 まとめ切れてない部分の中に何か面白いところがあれば、誰か他の人が言及してくれるはず。もしかしたら別途ブログ記事書いて紹介してくれちゃうかも。批判ポイントが見つからなければ書き手が僕より一枚上手。新しい知見を見つけられなければこの論点については基礎知識が足りないので再戦を期すべき。ほら、こんなに低いハードルを跳ぶだけでも、次に進むためのフックは必ず見つかる。それでいいじゃない。

 おいおいそんじゃあただの読書メモかよ。そんなもん誰が読むんだよ。だから、「そんなもん」でも読んでくれそうな人に向けて書くんですよ。極端なことを言えば、題材も誰かが興味を持ってくれそうな物を取りあげればいいと思います。コツは、その「誰か」と自分の興味を重ねておくことじゃないかな。他人の尻馬に乗ればいいんです。ただし、自分の行きたい方向に向かってる馬を見つけましょう。

 まぁつまり、今年の髭自慢は雑で尻軽ってことです。ひゃっほう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。