スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンダリー版ゴジラ見てきましたわ

まあ見に行きますよね。

ゴジラが人類を(結果的に)救う役回りにいるという点で平成ガメラとの類似を指摘する感想があってぼくもまあそういうところはあるかなと思うけども、平成ガメラは毎回ズタボロになってて、ヒーローがきた→悲壮→逆転のカタルシスが組まれてるのに比べてレジェゴジはそれすら超越して気怠げにやってきてやれやれ…という感じでムートーしばいて帰っていく。これがいい。

怪獣映画にはディザスタームービーとヒーロームービーの両方を受け入れる懐の広さがあって、ゴジラは時によってそれぞれを引き受け、ガメラは昭和も平成も基本的に後者をやってきた。

ディザスタームービーの文法では人間は与えられた所与の条件の中で奮闘してサブシステムとしてのドラマを形成して話を回すけれども、基本的に災害には勝てない。今回も人類はいろいろやってるけど状況を悪化させる以外のことはほとんどやっていないし(主人公最後に一個だけがんばったね)人類がいようがいなかろうがゴジラはムートーをしばきたおして帰って行っただろう。
ムートーを追って太平洋を黙々と移動するゴジラを米軍艦艇は取り巻いて見ているしかなく、最強の戦闘マシンであるところの空母ですら眼中に入らないかのように艦底を潜ってスルーされるというあの絵面がこの劇中における人類の立ち位置を雄弁に語っている。

つまりレジェゴジは人類の関われない枠組の中で災厄が災厄を片付けて帰って行くという役回りの配置になっていて、劇中の人類(と劇外の視聴者)が災厄の片方に救世主的役割を読み込む余地を用意してあるつくりにしてあるという意味で、日本の怪獣映画をたくさんたくさん見てきた人が満を持してつくったんだね、という感じがする。
よいものでした。

「パシフィック・リム」?
あれは情け容赦ない戦闘マシーンを愛でる映画ですがなにか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。