スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂村弘『絶叫委員会』にほんとうは起きていること


絶叫委員会絶叫委員会
(2010/05)
穂村 弘

商品詳細を見る



詩的思考のめざめ: 心と言葉にほんとうは起きていること詩的思考のめざめ: 心と言葉にほんとうは起きていること
(2014/02/24)
阿部 公彦

商品詳細を見る


穂村『絶叫委員会』は最後の方で出てきた「偶然性による結果的ポエム」というフレーズが全てを持って行ってしまった。本を一冊使って宙ぶらりんのまま取り扱い続けてきた得体の知れぬ気持ち悪いけど心をざわざわと触っていくことばの働きの実例たちに、最後にまるっと名前をつけてしまう。戦略的だ。

目前にあるものに名前をつけたいと思ってことばを欲するその行為が詩への一歩だと言ったのは阿部公彦で、穂村はその実例を転がしたあげくにそれそのものに名前をつけて包摂してしまうという模範演技を見せてくれたのだった。

ただ、この二つの本は同じことを一見別のアプローチから言っているように見えるのだけれども、どちらかと言えば阿部は混沌から形式化へとうごめいてゆく流れの中に詩的なものの生成を読み取り、一方で穂村は定型・標準・形式からの偶然性による逸脱の瞬間に詩的なものが生成する事例を選好している、という違いはあるように思う。まあ両方の中に生成していて、どっちの方をクロースアップして説明しているかの違いだろう。
作品をつくるという方向性での詩作が前者であり、名言や箴言は後者に属するともおそらく言える。それはつまり、意識的になにかを作りあげていく行為の大半が偶然性を削ぎ落としていく作業であることを意味している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。