スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費文化史研究の見取り図 草光俊雄「消費社会の成立と政治文化」


欲望と消費の系譜 (消費文化史)欲望と消費の系譜 (消費文化史)
(2014/07/28)
ジョン・スタイルズ、ジョン・ブリューア 他

商品詳細を見る


・草光俊雄「消費社会の成立と政治文化」(草光俊雄・眞嶋史叙監修『欲望と消費の系譜』、NTT出版、2014年、3-23頁)

 読書会をするので自分のための読書メモとして要約を残しておく。必ずしも会のためのレジュメではない。
 
 〔この章は本書を第1巻として新たにはじまった「シリーズ消費文化史」のコンセプトを説明すると同時に、本書に収められている他4本の論文の研究史上の布置を説明する役割も担っている。〕

 30年ほど前から、歴史学においても消費文化についての研究が本格的におこなわれるようになった。この潮流は経済史、社会史、またオーソドックスな政治史、思想史の分野にも認められる。経済史を例に挙げると、これまでは「生産」という観点から様々な研究がなされていた。ここに「消費」の観点を導入することに大きく寄与したのはプロト工業化論と呼ばれる学説であった。プロト工業化論自体は消費そのものを分析しないけれども、遠隔地交易と市場に投入される商品生産ネットワークの形成、またその商品を生産する地域の農業との関係を組み込んだ理論的枠組みを持っており、これが消費の側面を強く意識した生産流通の研究を生み出すことに貢献したのである。消費社会の形成・成立の劃期についてははじめ17世紀とされ、のちに18世紀とする説が主流となった。
 消費行為は経済的行為として現れるが、その背後には文化的要因が存在する。この要因を解明することで、経済だけでなく、政治、社会、文化的な行動原理をも明らかにすることができると考えられる。この点は従来の歴史学の手薄な部分であった。この種の研究を進めることによって、権力の構成要素として富が機能するだけでなく、ある一定の価値観に従って消費をおこなう振る舞いそれ自体が政治的力の表現として機能することを指摘できる。たとえば「ポライト」のような、社会的・文化的規範を表現する言葉が、政治や経済的な力を表現する具体的な言葉に転化していくというプロセスは、固定的な身分社会の崩壊と流動的な社会への転換がおこなわれたことを示すであろう。

 私人が経済活動をおこない、そこで得た財産を消費のために用いたとしても、結果的に社会全体が繁栄すればそれも一つの「徳〔ヴァーチュー〕」である、という考え方が市民権を獲得したのは18世紀イギリスにおいてである。こういった価値観に支えられた社会の成立を「商業革命」「消費革命」などと呼ぶ。これは交易を国家の富の増大として重要視する「重商主義政策」とその結果の経済成長によってもたらされたものであった。こういった変化はイギリス以外の国でも起きており、むしろイギリスは遅れて参入したほどであるが、やがてもっとも強力な推進国となった。
 消費の特性を捉えるに当たって用いられる分析概念の一つが「顕示的消費〔コンスピキュアス・コンサンプション〕」である。「顕示的消費」とは富の所有を他者に認めさせるためにおこなう消費活動である。「顕示的消費」、またそれを担う階層が形成した商業社会を挑発的な口ぶりで礼賛したのがオランダ出身の医師、バーナード・マンデヴィルである。彼は著書『蜂の寓話』に「私人の悪徳、公共の利益」という副題をつけた。マンデヴィルが礼賛したような、商業や腐敗、奢侈を追求した株式保有者や官職保有者たち新しいエリートは、古い価値観の持ち主や、また別の新しい価値観を生み出そうとする人々から批判された。その批判の多くは、新しいエリートらの価値観が社会や国家における宗教や「徳法意識〔ヴァーチュー〕」を貶めるものであるとみなしていた。批判者たちの中にはシヴィック・ヒューマニストもいた。彼らは支配の正当性を、土地所有を背景に国防を担うことのできる「自由の擁護者」たちの「徳〔ヴァーチュー〕」に求めており、この徳が新たな価値観にとってかわられれば英国の国政は崩壊すると主張した。
 新しいエリートたちは徳に代わって「作法〔マナーズ〕」という価値観に依拠した。商業は情念を洗練させ、作法へと磨き上げるという説明が当時にはなされていた。〔このあたり、ポーコックの議論が前提とされていて本文がかなり説明不足な印象を受ける。〕また、別の一派は消費社会を肯定しつつも、「作法」を古い「徳」に代わる「徳目」として認知させねばならないと考えた。社会の繁栄についてビジョンが共有されていたとしても、利己心を悪徳と見なしつつ肯定するか、それはあくまでも否定するかという点で主張の違いはあった。この問題をより整合的な形で解決しようとするのが、次世代のスコットランド啓蒙主義のヒューマニストである。

 近代市民社会を成り立たせるためのインフラストラクチャーの一つに、ハーバーマスが提唱した「公共圏」がある。この公共圏自体の成立が18世紀イギリスにおける商業社会や消費社会の成立と軌を一にしていることに注目すべきである。18世紀イギリスでは「文化」の消費がはじまり、それを流通させるための文化市場が成立した。そして消費される文化を提供するための文化産業も次々に生まれた。この流れの中で、自然もまた文化として消費されるようになった。「風景式庭園」の造成や観光は顕示的消費となり、こういった行為の積み重ねがイギリス人の自然観や田園観を築いていった。
 無論18世紀に成立した公共圏がすべての階層に共有されていたわけではない。とはいえ、前工業社会における民衆〔≒モラル・エコノミーの体現者〕は、商業社会を謳歌した人々〔≒ポリティカル・エコノミーの体現者〕との間で文化的価値を完全に共有せずとも、彼らなりに新しい商業社会の恩恵は被っていたであろう。民衆、特に農民の多くが消費社会の発展によってどれほどの恩恵を被ったかについてはまだ評価が定まっていない。

 アダム・スミスの『国富論』が提起した問題のひとつ、つまり、圧倒的に多数の貧しい生産的労働者が少数の非生産的階層の奢侈を支えていながら、それでも全体として資本主義〔スミスは市民社会〔シヴィル・ソサエティ〕と呼んでいる〕における労働者の生活がほかの社会形態の下層民のそれよりも裕福なのはなぜか、という問題は、今の我々にも突きつけられている。18世紀におこなわれた奢侈批判は政局の腐敗への批判であったが、また一方で価値観の転換を巡る論争でもあったのである。

 〔コンセプトの説明と導入のための序文なので、これだけを読んでも説明不足の感があるのは致し方ない。個人的にはこの序章だけ読むと「顕示的消費」論を全体的に補強する論集であるような雰囲気がするのが気にかかる。顕示的消費論は今もそこまでメインストリームなのだろうか。
 たとえば日本近代史における大衆消費社会の形成については満薗勇『日本型大衆消費社会への胎動』という研究がある。ここでは、嗜好品や高級品の顕示的消費だけでなく、日用品や耐久消費財についての顧客の嗜好の多様化を受けて小売業や在来産業、流通機構がおこなった自己革新や宣伝戦略が日本における大衆消費社会を準備する上で大きな役割を果たしたことが指摘されている。〕




日本型大衆消費社会への胎動: 戦前期日本の通信販売と月賦販売日本型大衆消費社会への胎動: 戦前期日本の通信販売と月賦販売
(2014/02/18)
満薗 勇

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higegeschichte

Author:higegeschichte
ワッショイデース
http://higegeschichte.tumblr.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。